「11月の福島県議会議員選挙に岩城光隆氏ら複数出馬へ」岩城氏は近く自民党公認要請も

政治関連 28/07/2019

「社会改革実現に若手有権者の期待大きい」

 第19回福島県議会議員選挙は、この11月に行われるが、関係者が27日までに明らかにしたところによると、いわき市選挙区から現役、10人のほか新人複数が立候補する予定であり、少数激戦となる模様だ。中でも新人立候補で新風を巻き起こすのは、岩城光隆氏(31)=福島県・双葉町職員=が近く出馬表明するほか、いわき市会議員の佐藤和美氏(50)や同議員の吉田実貴人氏(50)らの名前が上がっているという。一方、同市議の狩野光昭氏(66)も立候補することを決めている。さらに野党勢力からも数人出馬する予定という。

 30日、岩城光英後援会連合会(清水良祐会長)は、同市内で役員会を開き、岩城光英氏の息子に当たる光隆氏の県議選出馬を要請することにしている。このほか、文字通り佐藤氏や吉田氏も出馬へ意欲を見せているという。
 自民党福島支部連合会では、同市地区の自民党県議は4人にとどまっており、2人増を期待できるとして新たに2人枠を限定に新人候補として立候補させたい方針でいるという。

◆敬称略 (真島勝三主筆・元日本工業新聞社東北総局長・元産経新聞社記者)

no comments.

Top