「少数激戦で現役数人苦戦へ」いわき市議選9月4日告示、11日投票即日開票

 9月30日任期満了に伴ういわき市議会議員選挙は4日告示、11日投票、即日開票で行われるが、定数37人に対し、新人・元は約12人、このほか、現職を含めた合計43人が立候補するものと見られる。
まさに、少数激戦で各候補者は苦戦を用いられている。8月5日に、同市選挙管理委員会事務局(坂本新一局長)が開いた立候補予定者説明会には、現・元・新を含めて42人と匿名希望1人の43人の関係者が現れた。

 いわき経済報による関係者への独特な聞き込み調査や有権者などに対する取材によると、すでに各立候補予定者は事実上の選挙戦に入っており、連日、有力者への支持を訴えて奔走している。元1人と新人2人は当選ラインへ。自民党推薦を含む新人5人は当選へと意気込む。現役数人と新人が競り合っており、現役数人はあと一歩といったところだ。新人3人は票が足りないため、さらに得票増の努力が必要だ。

 文字通り少数激戦となるのは必至であり、新人候補者11人の活発的な動きから数人の現役が確実に苦戦を強いられている。新人の自民党推薦立候補者5人と共産党の新人は当選へと意気込む。現役は水面下で、これまでの実績を強みに足で支持を求めている。
現役数人は危機感を持ちながら一段と活動しているが、数人は苦戦を余儀なくされているが、自民党の現役12人と公明党、社民党、共産党は安定した票の確保へと奔走。しかし、共産党いわき市議団は、このほど公職選挙法第143条に抵触するとして同選管から厳重注意を受けるとともに、同選管は、いわき中央警察署に公選法に抵触するとして報告した。共産党は8月に入って「9月11日いわき市議選 4名の市議団で政治を動かそう」と見出しを付け、立候補者名の入ったタスキを掛けた写真も掲載したブランケット版のチラシを配布した。また、7月31日には、後援会の事務所開きでフルネームの入ったタスキを肩から掛け、同党の各立候補者予定者が演説した。ほかの各立候補者は公選法に抵触するとして騒ぎ出したが、後の祭りだった。
新人の自民党推薦立候補者と、元立候補者は当選圏へと奔走している。現役29人は安定した票の確保に走っているが、予断は許せない。新人8人は現役下位と競り合う。

 新人や元となる立候補予定者は元が◇佐藤和良(62=元・無)◇山本健一(48=元・無)2人で、新人は◇赤塚寿一(34=新・無)◇川崎憲正(45=新・自民)◇鈴木演(36=新・自民)◇田頭弘毅(42=新・自民)◇木田都城子(47=新・自民)◇馬上卓也(55=新・自民)◇遠藤貴志(40=新・無)◇坂本康一(51=新・共産)◇遠藤崇弘(41=新・無)の11人と、匿名希望者1人で、合計12人となる。

 現職は◇樫村弘(74=無)◇石井敏郎(62=自民)◇磯上佐太彦(75=自民)◇小野邦弘(63=自民)◇赤津一夫(60=自民)◇蛭田克(66=自民)◇岩井孝治(60=自民)◇佐藤和美(47=自民)◇上壁充(60=社民)◇坂本稔(56=民進)◇溝口民子(69=共産)◇塩田美枝子(64=公明)◇小野茂(57=公明)◇阿部秀文(61=無)◇大友康夫(51=無)◇菅波健(58=自民)◇蛭田源治(62=自民)◇大峯英之(54=自民)◇永山宏恵(49=自民)◇福嶋あずさ(43=民進)◇狩野光昭(63=社民)◇伊藤浩之(55=共産)◇渡辺博之(51=共産)◇柴野美佳(51=公明)◇塩沢昭広(46=公明)◇安田成一(47=無)◇西山一美(56=自民)◇小野潤三(51=自民)◇吉田美貴人(47=自民)◇山守章二(47=自民)◇木村謙一郎(41=自民)となっている。
各候補とも当選ラインは、最低でも2500票前後獲得しないと難しい。安全圏は3000票前後となりそうだ。
同選管によると、同市の有権者数は6月21日現在で、男女合計37万9721人(男13万6418人、女14万3303人)となる。改正公選法は6月19日から施行されるため、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられるため、18歳は男1745人、女1698人、合計3443人と19歳は男1651人、女1663人、合計3314人で総計6757人が含まれる。

◇おことわり 新人候補者を含む立候補者への取材は、8月16日までに行ったもので、出馬、あるいは予定となる。(敬称略)無は無所属となる。

◆敬称略 (真島勝三主筆・元日本工業新聞社東北総局長・元産経新聞社記者)