「保全 監督命令で事業継続『負債61億円で事実上倒産も民事再生法適用』に」翔洋会  公益財団法人ときわ会と、医療法人社団ときわ会(ときわ会グループ常盤峻士会長、福島県いわき市)は、約61億円の負債を抱えて事実上倒産、福島

従業員2社で約100人規模、操業は2020年春以降 関係者によると、福島県いわき市にある「いわき四倉中核工業団地=工場面積50・8ヘクタール」第2期区域に、風力発電業界のメンテナンスなどを主に手掛けている中堅会社の北拓(

「小名浜営業所の新社屋も完成」再生エネ事業にも本格化  福島県いわき市でガス事業を営む常磐共同ガス(猪狩謙二社長)は、会社設立60周年を迎え、6日「創立60周年感謝の集い」をスパリゾートハワイアンズで関係者を招いて挙行し

「翔洋会負債61億円で民事再生法も保全 監督命令で事業継続」健全経営へ全力投球「譲渡額12億4300万円」患者の影響避ける  公益財団法人ときわ会と、医療法人社団ときわ会(ときわ会グループ常盤峻士会長、福島県いわき市)は

純利益4468万円も前年比875万円減収減益「相次ぐ店舗撤退が影響」  福島県いわき市の常磐線・JRいわき駅前にある複合ビル経営のラトブコーポレーションは5日、株主総会を開き、取締役会互選で同社総務部長の鈴木雄大氏(53

民間型に「税金投入はあり得ない」いわき市  福島県いわき市の清水敏男・市長は、4日「いわき市スタジアムを中心としたまちづくり事業可能性調査報告書」を関係者などに公表した。関係者によると、いわき21世紀の森にある「いわきグ

「翔洋会負債61億円で民事再生法も保全 監督命令で事業継続」健全経営へ全力投球「譲渡額12億円から13億円」患者の影響避ける  公益財団法人ときわ会と、医療法人社団ときわ会(ときわ会グループ常盤峻士会長、福島県いわき市)

JR湯本駅周辺の「21世紀の森グリーンフィールドが有力」スタジアム候補地・事業可能性調査、SPC方式・PFI採用でも赤字経営必至か  福島県いわき市の清水敏男・市長がスタジアム建設へ躍起となっている。一方、各市議会議員の

ヒエウさんら「ときわ会常磐病院で看護師の技術学ぶ」糖尿病専門医の大泉さんら3人が新たに加わり診療  ときわ会常磐病院には糖尿病患者などを診療するため、かねてから専門医師の確保に当たっていた。とき会グループの常盤峻士会長は

日本水素ステーションネットワーク合同会社「JHyM」が根本通商と整備  福島県いわき市で初めてのスキームとなる日本水素ステーションネットワーク合同会社(菅原英喜社長=JHyM・トヨタ自動車・JXTGエネルギー・豊田通商な

根本通商が3月5日に水素スタンド供用開始(いわき)に当面22台勢ぞろい  東洋システム・根本通商・古河電池・常磐共同ガスなどがMIRAI購入決める 福島県いわき市にある東洋システム(庄司秀樹社長)や根本通商(根本克頼社長

ハイパーEV生産のタジマモーターコーポレーションも  福島県いわき市にある四倉中核工業団地に北拓(吉田ゆかり社長)が進出する方向で準備を進めていることが6日までに関係者の話で分かった。 北拓は風力発電業界のメンテナンスを

Top