「新型肺炎API従業員感染4から6例目に波及」福島県いわき市

公共関連 17/04/2020

「新型コロナウイルス(新型肺炎) に3人が感染 」1人は10代

 福島県いわき市で14日までに、新型コロナウイルス(新型肺炎)に60代(60歳)の男性が感染したが、さらにエーピーアイコーポレーション(API社)いわき工場の50代と10代の従業員が感染した。PCR検査の結果、陽性と判明した。これで3人の従業員が感染した。同市保健所が、16日、午後6時から記者会見し、正式に発表した。

 さきに感染した同社いわき工場の60歳男性従業員は、6日、37・1度Cの熱、だるさから市内の医療機関を受診していた。14日まで全身倦怠感があり、PCR検査の結果、陽性となった。
関係者によると、API社従業員は50代2人と10代で、家族が市立勿来第一小学校に通学している家族がいるため、17日から30日まで臨時休学とする。
 感染した従業員は、いずれも16日、検査の結果、陽性と判明した。3人とも37度C前後の微熱を出している。60歳男性の感染で、職場の従業員にも波及する恐れがあったといわれていた。60歳男性の感染した家族の感染も心配されている。
 ダイヤモンド・プリンセス号を含めると、4から6例目となる。今後、多くの市民に感染する恐れがあり、地域住民に拡大する危機感がある。政府は緊急事態を全国規模で発令した。

いわき市からの発表はこちらをクリック

no comments.

Top