コロナ蔓延乱れる「各種イベントがあだに」

公共関連 14/08/2021

大倉保育園で24人クラスター含め、1702例目に

 仕事の怠慢か、それとも、手が回らないのか―。相次いで新型コロナウイルス感染が発生している。「熱があるため、PCR検査したいのですが」と市民が、いわき市保健所や発熱外来に連絡すると、まず「担当者は掛かり付けの医者に診てもらってください」と、相談の市民にそっけない返事が返ってくる。
 ここ数日100人から50人前後のコロナ感染が発表されており、福島労災病院など医療機関からもクラスターが連続して発生している。新たに社会福祉法人誠友会の大倉保育園(赤津慎太郎理事長、同市錦町中迎)で、職員や児童を含め、24人のクラスター(感染者集団)が発生した。8月14日、夕方にも200人のPCR検査が判明する。同法人は約300人の児童を持つ、地元大手の保育園となるが、園児へは父兄からの感染も否定できず、さらに感染拡大している可能性が心配されている。

 また、8月14日までに小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブ(いわき市市泉町)でも数人の感染が判明した。従業員約100人のPCR検査を含めて検討しているが、これ以上、拡大させないために感染対策を実施しているという。濃厚接触者は自宅待機させている。同ゴルフクラブによると、新型コロナウイルス感染について外部に対し、発表は行っていない。

 このほか清水市政は、三崎公園の野外音楽堂で行われた音楽イベントの開催を制止できなかった。常磐興産のスパリゾートハワイアンズ・ゴルフコースで行われたT社による180人コンペ(PCR検査済み)ほか、いわき経済報に8月14日、読者から寄せられた話では、ゼネコンK社と見られる約100人規模ゴルフコンペで、ゴルフ終了後に同市平の繁華街で飲酒を行ったという。これら各種のイベントが、新型コロナウイルス感染拡大につながり市民の安全を脅かす結果となっている。

 一方、7月下旬に同市平の繁華街にある中華料理店では、従業員に熱や倦怠感があったためPCR検査をした結果、陽性と判明した。オーナーは同市に他の従業員のPCR検査を要請したが断られたという。同店のオーナーも新型コロナウイルスに感染してしまいクラスターとなった。また、近くのすし店からもコロナ感染が発生した。
 清水市長は過日、記者会見で3000人の無料PCR検査を行うと発表したが、検査に難色を示しているのは、なぜだろうか。市民の希望があれば積極的に行うのが行政サービスではないか。

「清水市政の気の緩み」ゴルフなど制止できず
 本紙・いわき経済報には、市民から「市保健所、発熱外来に相談したが、掛かり付けの医者に診てもらってくださいと繰り返される」という同市の対応へ、不満の声が多く寄せられている。市民に対し、不要不急の外出自粛を求めているが、どうも形だけの呼びかけで危機感がない。清水市政は、肝心の感染防止に真剣に取り組む必要がある。

 本紙記者は、コロナ感染者がでたら「市民が警戒するためにも平など14地区ある地区名だけでも住民に知らせるべきだと主張してきた」が、清水市長は現在も公表を避けている。医療崩壊も近づき、どう対応するのか、変異株感染が多発しており市民からは不安の声が上がる。

 市内の学識経験者Iさんは「地域や企業名を公開することで住民の危機意識が高まる。市民が公表に対して賛否両論となるのは十分承知しているが、いじめがでたら法的処置を取ればいい。命を守ることが優先される」と指摘する。

 同市は各施設の使用禁止処置としている中で、新型コロナウイルス感染拡大の最中だというのに、アクアマリンふくしま、アリオスのコンサートや各社コンサート、同市のグリーンスタジアムで行われた第103回全国高校野球選手権福島大会、茨城県や郡山市からのファンが多い、いわき平競輪場の観客車券発売(8月10日から始まったオールスター競輪、同15日、最終日ナイターは2000人規模で予定していたが無観客開催となる)、いわきグリーンフィールドのサッカーや同市四倉海岸などのサーフィンイベント、クラブソニックいわきのライブ、各種集会などの中止、延期や無観客を呼びかけることもなく、野放しにしていた。これらの各種イベントには市民が多く集まるため、感染拡大のリスクが高まるものと見られている。

 また、この状況の中、独身男女を対象とした出会いイベント開催への同市の対応を疑問視する声も上がっている。

■■■
 政府から蔓延防止重点措置を適用されたのは同8日から31日までとなる。同13日55人が陽性と判明、合計1702例目になった。ここ連続、文字通り50人前後から1日、100人達したこともあり、コロナ感染が蔓延している。同市は、各感染者などは公表していない。

 同市のワクチン供給量は、7月9日現在、164箱(19万1880バイアル=医療従事者を除く)を確保している。市民のワクチン接種開始は2021年4月から実施した。高齢者には11万8389人、医療従事者には2万6559人を接種(各2回)した。

no comments.