新型肺炎患者40代男性家族は陰性(福島県いわき市湯本町)

公共関連 09/04/2020

新型コロナウイルス(新型肺炎)PCR検査結果

 福島県いわき市湯本町で8日までに、新型コロナウイルス(新型肺炎)に感染していた40代の男性(感染症患者)の家族4人全員は、同市が行ったPCR検査の結果、陰性であることが9日までに分かった。しかし、同市保健所は2週間の自宅待機を要請し、経過観察をするという。
 関係筋によると、同市内のS保育園園児と同市立湯本第三小学校児童の保護者。4月1日に、男性は体に違和感がありPCR検査をしたところ陽性であることが分かった。

感染者の男性は日本ダイヤモンドいわき工場従業員
 日本ダイヤモンド社は9日、「弊社従業員の新型コロナウイルス感染発生のお知らせ」として、いわき工場に勤務している40代の男性従業員であることを明らかにした。
 男性は1日、体調不良を訴え、2日に医療機関を受診、自宅待機後6日に産業医の再受診を行い、PCR検査の結果8日に陽性と判明した。男性は、県内の感染症指定医療機関で治療を受けている。同工場は、9日から14日まで操業停止し再度消毒を実施、感染防止を図る。
 同工場は、三菱マテリアルの関連会社でダイヤモンド工具の製造を行っている。

※前記事にてD社と表しましたが、正式には日本ダイヤモンド株式会社でした。誤表記お詫び申し上げます。

no comments.

Top