油座塗装興業自己破産申請へ

民間関連 16/01/2020

負債8400万円

 帝国データバンクいわき支店は16日、福島県いわき市にある油座塗装興業(油座肇社長、資本金3000万円)が、自己破産申請へ手続きする方針と発表した。負債総額は約8400万円(2019年7月現在)となる。
 この1月に事業を停止した模様で、かもめ法律事務所(長山敏之弁護士)に事後処理を一任、自己破産申請の準備を進めている。

 同社は1980年に創業、福島県や茨城県内を営業エリアとし、鉄塔などの工作物塗装を行い2001年には約3億8000万円の売り上げを計上していたが、08年には売り上げを9807万円に落としていた。大震災後の需要も落ち着き、19年7月期は6500万円にとどまり、約600万円の赤字に転落した。金融機関の支援もあったが、事業継続を断念した。

◆敬称略 (真島勝三主筆・元日本工業新聞社東北総局長・元産経新聞社記者)

no comments.

Top