福島県議選「いわき選挙区10人当選決まる」10日投票結果

政治関連 11/11/2019

「坂本が1万1828票でトップを飾る」長老・青木は8846票、鳥居ら次点に泣く2人

 任期満了に伴う第19回福島県議会選挙は昨日、10日に投・開票が行われ、10人の当選が決まった。台風19号や大雨の影響が甚大となり、投票率は39・13%と低調だった。前回は45・51%あった。県内選挙区定数58人に対し、現職や新人の合計75人=無投票当選を含む=が立候補した。

 いわき市選挙区では12人が立候補、得票数の結果10人が当選を果たした。坂本竜太郎が1万1828票を獲得しトップ当選となり、次いで矢吹貢一の1万1690票らが続く。長老の青木稔は8846票で7位当選、文字通りラッキーセブンとなる。鳥居作弥は6595票で次点に泣く。狩野光昭は5408票で当選に届かず12位となった。
同市選挙区では立候補者は12人となり、現職や新人を含め10議席を巡る少数激戦となっていた。
 立候補者の得票数は、坂本竜太郎(39)1万1828票・自由民主党現当選2回、矢吹貢一(64)1万1690票・自由民主党現当選3回、真山祐一(38)9240票・公明党新人当選1回、安部泰男(62)8930票・公明党現・当選3回、古市三久(71)8913票・立憲民主党現当選4回、宮川絵美子(73)8882票・日本共産党現当選4回、青木稔(73)8846票・自由民主党現当選9回、鈴木智(46)8676票・自由民主党現当選3回、西丸武進(75)8294票・無所属現当選7回、吉田英策(60)7395票・日本共産党現当選2回となり、それぞれが当選した。次いで鳥居作弥(45)6595票・国民民主党現当選1回、狩野光昭(67)5408票・社会民主党新人の2人が落選に泣いた。

 いわき市選挙管理委員会事務局(小野茂事務局長)によると、有権者数27万953人に対し、投票者総数は10万6011人、投票率は39・13%だった。そのうち有効投票数は10万4697票、無効は1314票あった。按分による票数はゼロだった。持ち帰りなどは1票。=午後9時53分選管確定となる。(敬称略)

no comments.

Top