福島県議選いわき選挙区12人出馬「票の奪い合い激戦8人優位へ」きょう投開票

政治関連 10/11/2019

矢吹はトップを走り、安部・青木・鈴木・坂本・古市の各氏安全圏、4氏が混戦

 任期満了に伴う第19回福島県議会選挙は、きょう10日に投・開票となるが、台風19号や大雨の影響が甚大となり、投票率が気がかりとなる。県内選挙区定数58人に対し、現職や新人の合計75人=無投票当選を含む=が立候補している。いわき市選挙区では12人が立候補、すでに8人が優位となり当選圏にはいった。 残りの4人立候補者は得票数の大きな変化はないものとみられ競っている。同市選挙区では立候補者は現職や新人を含め10議席を巡る少数激戦となっている。=2019年11月8日、いわき経済報電子版既報。

 これまでに当選圏はいったのは、矢吹貢一(64)自由民主党現・当選2回、安部泰男(62)公明党現・当選2回、青木稔(73)自由民主党現・当選8回、古市三久(71)立憲民主党現・当選3回、鈴木智(46)自由民主党現・当選2回、坂本竜太郎(39)自由民主党現・当選1回、西丸武進(75)無所属現・当選6回、吉田英策(60)日本共産党現・当選1回の8人、宮川絵美子(73)日本共産党現・当選3回、鳥居作弥(45)国民民主党現・当選1回、真山祐一(38)公明党新人、狩野光昭(67)社会民主党新人の4人が競っている。

 いわき経済報が9日までに世論調査、取材を加味した調査などによると、新人、現職ともに複数が苦戦している。投票者数は11万人強となることが予測される。
現職数人は厳しい状況だが、どこまで追い上げられるかが当選のカギを握る。各立候補者とも現実性の公約で、有権者に訴えていることはあまり代わり映えしなかった。得票数は1万票を上回る候補者はわずかとなっているが、1万票を切り8000票から6000台で票の奪い合いで苦戦を強いられている。前回の有効投票総数は12万2060票となっているが、立候補者は前回の16人と比較、今回は4人減となり、有権者の総体から見ると投票者は台風19号や大雨の影響も重なり、さらに落ち込むこと必至となっている。
選挙人名簿登録者数は、合計27万3106人、在外選挙人は135人となっている。6日現在の期日前投票者数(有権者)は、1万6469人で、前回の1万6102人と比較、367人が増えている。
 現在のところ市民の関心が薄いが、期日前投票は前回よりも伸びている。(敬称略)

no comments.

Top