自民党市議17人を推薦へ

政治関連 20/05/2020

9月6日告示、13日投票のいわき市議選で

 9月30日に任期満了のいわき市議会議員選挙は、9月6日告示、13日投票で行われるが、19日、自由民主党いわき総支部の三役会、党紀委員会を同市内で開き、9月に投票が行われる同市議選の推薦を行うため、所属党派証明一次申請を受け付けた。現職市議18人のうち吉田実貴人議員を除く、17人を推薦する予定で、同党福島県支部連合会で正式に推薦を決める。現職の吉田議員は、党籍証明一次申請届出をせず離党する予定だ。
 同党公認予定の議員は、石井敏郎(66)当選7回、佐藤和美(50)当選5回、小野邦弘(67)当選4回、菅波健(62)当選4回、蛭田源治(66)当選4回、赤津一夫(63)当選3回、大峯英之(58)当選3回、永山宏恵(53)当選3回、西山一美(60)当選2回、小野潤三(55)=当選2回、山守章二(51)当選2回、木村謙一郎(45)=当選2回、鈴木演(40)当選1回、馬上卓也(59)当選1回、木田都城子(51)当選1回、川崎憲正(48)当選1回、田頭弘毅(46)=当選1回の17人。磯上佐汰彦(79)、蛭田克(70)の2人は引退する予定だ。
 なお、自民党新人の第二次党籍証明申請は6月1日に審査、そのあと6月中旬までに党県連で各議員の正式な推薦がきまる。立候補予定者は、遠藤崇広(45)、小菅悟(35)、吉田雅人(27)、平子善一(36)の4人。

「新人7人、元職1人、現職33人の少数激戦か」

 このほか、保守派、革新派の現役立候補予定者は、佐藤和良(66)=無所属=当選4回、福嶋あずさ(46)=立憲民主党=当選3回、塩田美枝子(68)=公明党=当選5回、柴野美佳(55)=公明党=当選2回、樫村弘(78)=無所属=当選10回、安田成一(51)=無所属=当選3回、上壁充(64)=社会民主党=当選3回、塩沢昭広(50)=公明党=当選2回、小野茂(60)=公明党=当選4回、大友康夫(55)=無所属=当選3回、坂本康一(54)=日本共産党=当選1回、溝口民子(73)=日本共産党=当選5回、渡辺博之(54)=日本共産党=当選4回、伊藤浩之(59)=無所属=当選4回、坂本稔(60)=国民民主党=当選3回、吉田実貴人(51)=自民党離党予定=当選2回となる。新人立候補者は、赤塚寿一(38)=国民民主党、長谷川貴志(42)=無所属、鈴木さおり(50)=立憲民主党のほか、元職の狩野光昭(67)=社会民主党が予定している。
 現職33人、元職1人、新人7人の少数激戦となる模様だ。定数は37人となる。
いわき経済報の聞き取り調査や取材を通した分析によると、現職は、ほとんどが当選圏にはいっている。元職の狩野は組織票を集め、安定しているほか、新人は、平子、鈴木、長谷川、遠藤、赤塚の線が、当選ラインに近い。◇敬称略

no comments.

Top