3年度「当初予算は1400億6268万円」いわき市

公共関連 09/02/2021

前年度対比89億1620万円マイナス「民生費増」で大型事業できず

 いわき市財政部は、2021年度(令和3年度)の一般会計当初予算などを組んだ。それによると一般会計は1400億6268万9000円となった。2月議会に提案する。
予算規模としては、前年度対比でマイナス89億1620万5000円の6・0%、減、国からは一般会計+3・8%だったが、東日本大震災復興特別会計がマイナス55・1%、地方財政計画では通常収支分マイナス1・0%、同震災分マイナス56・4%、福島県からはマイナス12・7%(このうち復興と創成分マイナス48・7%)となった。

 新型コロナウイルス感染症対策関連経費は11億1169万2000円となる。復興関連経費は24億8342万6000円で前年度対比マイナス61億4877万8000円、同71・2%、まちづくり関連経費に65億4808万3000円など。特別会計は、965億3290万9000円となる。企業会計は、621億2204万2000円、前年度対比マイナス18億2607万1000円、29%減となる。

 これらの3会計合計は2987億1764万円で、前年度対比はマイナス42億373万1000円、1・4%減となった。歳入は、市税488億6396万8000円などとなる。民生費は年々増加、531億128万3000円で、前年度対比37・9%の増となった。同市の来年度以降は、地方交付税などの税収入を含め、一般会計予算は厳しくなり、東日本大震災前の一般会計予算1200億円程度にとどまる見通しだ。

no comments.

Top