農林水産部次長に渡邊伸一郎氏起用 いわき市(清水敏男市長)によると、新年度部長級人事が14日までに内定した。今年の目玉人事はなく、現役部長は、来年退職組みが多いため移動しない。特定政策推進監に勿来支所長の渡邉一弘氏(56

 9年ぶりの訪中団=2020年12月26日いわき経済報電子版既報=が中止―。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルス肺炎の流行を受け、2月11日から15日まで福島県いわき市関係者などが撫順・瀋陽・大連の各都市(旧満州)現

ソウル・釜山へ  徴用工や福島原発事故を揶揄する防護服姿の聖火リレーランナーポスターを日本大使館敷地の壁に張り出し、政治的に揺れている韓国を福島県いわき市の清水敏男市長、石曽根智昭産業振興部長らが民間人を巻き込んで、小名

清水市長・菅波議長欠席の訪中  9年ぶりの訪中―。福島県いわき市が中国・撫順市と友好都市を締結したのは1982年4月だった。それから約37年8カ月。経済や医療、文化、教育の分野で交流を始めたが、2010年9月に交流が途絶

住吉神社9月の例大祭「自らも酒持参認める」発言・公選法に違反  清水敏男市長(56)が9月14日、15日に、いわき市内郷高坂町にある住吉神社(吉田定聡宮司)の例大祭に「洗心」1升酒を持ち込み、一般大衆を含め例祭に集まった

「坂本が1万1828票でトップを飾る」長老・青木は8846票、鳥居ら次点に泣く2人  任期満了に伴う第19回福島県議会選挙は昨日、10日に投・開票が行われ、10人の当選が決まった。台風19号や大雨の影響が甚大となり、投票

矢吹はトップを走り、安部・青木・鈴木・坂本・古市の各氏安全圏、4氏が混戦  任期満了に伴う第19回福島県議会選挙は、きょう10日に投・開票となるが、台風19号や大雨の影響が甚大となり、投票率が気がかりとなる。県内選挙区定

矢吹はトップを走り、安部・青木・鈴木・坂本・古市の各氏安全圏、4氏が混戦  任期満了に伴う第19回福島県議会選挙は任期満了のため行うが、10日に投・開票となり、残すところ街宣活動は残すところ丸2日、午後8時までとなった。

延岡市「第23回のべおか天下一薪能」祭典に参加は必要だったのかと市民が批判  福島県いわき市内は台風19号の影響が大きく、夏井川の氾濫などにより、一般家庭などに供給する水道が平浄水場の浸水で濁水や汚泥による被害が発生し断

病院事業管理者の平則夫氏は非常勤特別職就任へ  福島県いわき市の清水敏男市長は9月30日の同市議会最終日に、いわき市医療センターの病院事業管理者の平則夫氏(87)を非常勤特別職として残留させるが、そのために伴う事務経費予

水道事業管理者に上遠野裕之氏、病院事業管理者に新谷史明氏起用の方針  福島県いわき市の清水敏男・市長(54)は9月の市議会最終日に、副市長に新妻英正氏(63=いわき市観光物産センター専務、駒澤大学法学部卒、市商工観光部長

選挙事務所開きで吉野衆議院議員らが激励「11月県議選に新人含め13人出馬へ」  第19回となる福島県議会議員選挙は、11月に行われるが、13日までに岩城光隆氏(31)=福島県・双葉町元職員=が自民党公認で出馬が決まったが

Top