2億8257万円で常光サービスに売却へ「イノベーションへ乗り出す初の観光事業」  関係者によると、いわき市(清水敏男市長)は、経営難に陥っていた「いわき新舞子ハイツ・上遠野洋一理事長=同市副市長」を民間企業に売却すること

「崩れる清水市政」上遠野副市長・小野代表監査委員責任取らず  福島県いわき市の清水敏男・市長(行政)はこのほど、高額療養費貸付金92万6050円の未回収が明らかになり、05年度から退職者を除く市民協働部の下山田松人部長を

根本通商が3月5日に水素スタンド供用開始(いわき)に当面22台勢ぞろい  東洋システム・根本通商・古河電池・常磐共同ガスなどがMIRAI購入決める 福島県いわき市にある東洋システム(庄司秀樹社長)や根本通商(根本克頼社長

いわき市都市建設部が8000万円を投入  いわき市都市建設部は、いわき市の21世紀の森公園に、スケートボード広場を新年度内に建設することになった。同施設は約8000万円を投じ、語らいの広場・面積約4300平方メートルに、

建設費444億円に膨らむ「心臓外科はマニュアルに依存か」 いわき市は20日の記者会見で、いわき市医療センター(同市立総合磐城共立病院)を12月25日にオープンすると発表した。 同センターの常勤医師は127人(ピーク時は1

「天の声か」スタジアム可能性調査委託審査←―→いわき市の発注に疑惑  天の声か―。福島県いわき市(清水敏男・市長)は、スタジアムを中心としたまちづくり事業可能性調査業務委託を「PwCアドバイザリー合同会社・平林康洋代表執

2020年代前半の開通目指すも用地買収セベで難航 大幅遅れも  関係者によると、小名浜道路は、福島県と土地所有権者の間で用地買収を進めているが、13日までに建設状況が分かった。残り9地区のうち4地区が用地買収を終えた。福

一般商業者や企業から批判浴びる  「イオンモールいわき小名浜」に、いわき市(清水敏男・市長)から5億円の補助金を支出されることが、関係者の話で8日までに分かった。この補助金は大震災の被害復旧・復興に関係ないもので、同市内

30日に開催のラトブ管理組合理事会で正式就任「青木理事長更迭」  ラトブ管理組合理事会は、30日、福島県いわき市内で理事会を開き、青木喜久男理事長を更迭、新たに上遠野直人氏(69)=いわき商工会議所専務理事=を理事に選出

30日理事会・総会「店舗共有者会」も。ラトブコーポレーション「新年度予算3億6900万円」  ラトブの管理組合(青木喜久男理事長)の改革が、ようやく1年がかりで落ち着いた。30日に開かれる理事会・総会で、青木理事長が辞任

清水市政2018年度予算6800万円、市民待望の美術文化絵画展に期待出来ず  いわき市立美術館の2018年度の予算は、約6800万円となった。同市の予算が厳しく寂れる一方だが、4月14日から始まる「エリック・カール展」の

「改革されずいわき市の怠慢」6月のイオンモールオープンで経営強化野放しで危機感  福島県いわき市にあるJRいわき駅前の複合商業施設となるラトブコーポレーション(LATOV・ラトブ=青木喜久男社長=株主は民間都市開発機構、

Top