旧磐城共立病院解体に50億円(駐車場整備に25億円)  関係筋が8月26日までに明らかにしたところによると、福島県いわき市(清水敏男市長)は、本庁舎の耐震改修工事(免震装置)を進めているが、2017年6月に、同市が大成建

患者は身体障害者医療費控除につながる「医師のモラルと患者の資質」に疑問  福島県いわき市にある労働者健康安全機構が運営する福島労災病院(渡辺毅院長)の循環器科に勤務する医師が、急性心筋梗塞などを発症した患者に頼まれ、身体

いわき市が旧平城跡地公園整備後に移転検討へ  福島県いわき市は、同市平の松ヶ岡公園内にある江戸時代末期の磐城平藩主だった安藤対馬守信正公の銅像を移転するため検討することになった。 清水敏男市長が、20日の記者会見で、本紙

「9月議会に上程も議会は否決すべきだ」本庁舎耐震工事大幅遅れに危機感持たず。リコールに発展か「総額70億円に膨らむ」清水敏男市政に責任 関係筋が31日までに明らかにしたところによると、福島県いわき市(清水敏男市長)は、本

「保全 監督命令で事業継続『負債61億円で事実上倒産も民事再生法適用』に」翔洋会  公益財団法人ときわ会と、医療法人社団ときわ会(ときわ会グループ常盤峻士会長、福島県いわき市)は、約61億円の負債を抱えて事実上倒産、福島

従業員2社で約100人規模、操業は2020年春以降 関係者によると、福島県いわき市にある「いわき四倉中核工業団地=工場面積50・8ヘクタール」第2期区域に、風力発電業界のメンテナンスなどを主に手掛けている中堅会社の北拓(

純利益4468万円も前年比875万円減収減益「相次ぐ店舗撤退が影響」  福島県いわき市の常磐線・JRいわき駅前にある複合ビル経営のラトブコーポレーションは5日、株主総会を開き、取締役会互選で同社総務部長の鈴木雄大氏(53

民間型に「税金投入はあり得ない」いわき市  福島県いわき市の清水敏男・市長は、4日「いわき市スタジアムを中心としたまちづくり事業可能性調査報告書」を関係者などに公表した。関係者によると、いわき21世紀の森にある「いわきグ

JR湯本駅周辺の「21世紀の森グリーンフィールドが有力」スタジアム候補地・事業可能性調査、SPC方式・PFI採用でも赤字経営必至か  福島県いわき市の清水敏男・市長がスタジアム建設へ躍起となっている。一方、各市議会議員の

いわき市の松ヶ岡公園エリアに保存「愚庵会管理」  国の文化審議会は18日、文部科学大臣に旧天田愚庵邸を登録有形文化財に建造物として新規登録を答申した。新たに旧愚庵邸を含め153件を答申した。 旧天田愚庵邸は、福島県いわき

2億8257万円で常光サービスに売却へ「イノベーションへ乗り出す初の観光事業」  関係者によると、いわき市(清水敏男市長)は、経営難に陥っていた「いわき新舞子ハイツ・上遠野洋一理事長=同市副市長」を民間企業に売却すること

「崩れる清水市政」上遠野副市長・小野代表監査委員責任取らず  福島県いわき市の清水敏男・市長(行政)はこのほど、高額療養費貸付金92万6050円の未回収が明らかになり、05年度から退職者を除く市民協働部の下山田松人部長を

Top