「5800枚」東洋システムが医療用感染防止に  二次電池を研究開発するときに欠かせない充放電評価・安全性評価装置などで分析を行っている東洋システム(庄司秀樹社長、福島県いわき市常磐西郷町)は、このほど、いわき市医師会(木

「10億円財源を含め4日、各派代表者に説明も」福島県いわき市  新型コロナウイルス(新型肺炎)感染拡大防止に向け、飲食店や旅館、ホテルなどが自主的に臨時休業や営業時間の短縮などで、死活問題として切実な声が浮上しているが、

「市内事業者向け緊急経済対策」いわき商議所が要請  福島県(内堀雅雄知事)は、新型コロナウイルス(新型肺炎)感染拡大防止に向け、飲食店や旅館、ホテルなどが自主的に休業、営業時間の短縮で、独自に協力金給付の対象としているが

新型コロナウイルス(新型肺炎)感染患者増加対策  福島県いわき市(清水敏男市長)は、新型コロナウイルスへの感染リスクが低い患者、掛かりつけの診療所(開業医など)持たない患者を診察することになった。 関係筋によると、これは

「新型コロナウイルスで感染防止策を広く宣伝」  福島県いわき市保健所(新家利一所長)は24日、同市内の各事業所に、新型コロナウイルス(新型肺炎)の感染症を防ぐため、感染拡大防止に関係する文書を配布した。  同保健所では、

「新型コロナウイルス(新型肺炎)で感染防止策  福島県いわき市役所(清水敏男市長)の決断は遅すぎる=4月22日、いわき経済報電子版既報。同市の職場に危機感が漂うとして職員から懸念されていた総務部(岡田正彦部長)は、24日

「モダンアートへの眺望」近代の美にもコロナ対策  ストラスブール美術館展が、いわき市立美術館(福島民報社共催、在日フランス大使館など後援)で、5月24日までの日程で、開幕した。11日、同館で新妻英正副市長、佐々木吉晴同美

Top