「与野党対決で大荒れ」両候補者終盤戦へ票上積み図る  7月4日公示された2019年夏の参院選も事実上終盤戦に突入した。21日投開票に向けて福島選挙区の3候補者は必至の訴えを続けているが、自民党や立憲民主党などの大物が応援

保守派系ますます分裂「独り相撲に役員会で波乱呼び政治活動に支障あり」  福島県いわき市の清水敏男(55)市長=無所属=はこのほど、清水敏男後援会連合会の拡大役員会の席上、矢内忠会長を更迭し、新たに遠藤重政(81)元市議会

最新号は、http://iwaki-keizaiho.jp/pdf/92.pdf(リンク)をクリック。

「小名浜営業所の新社屋も完成」再生エネ事業にも本格化  福島県いわき市でガス事業を営む常磐共同ガス(猪狩謙二社長)は、会社設立60周年を迎え、6日「創立60周年感謝の集い」をスパリゾートハワイアンズで関係者を招いて挙行し

自公連立政権で選挙協力、野党共闘で知名度アップへ水野氏追い上げ必至「与野党対決へ両候補者浸透図るも終盤戦へ期待」  7月4日公示、21日投開票の手順で行われる参院選福島選挙区に立候補を予定している元少子化担当大臣・現職の

「翔洋会負債61億円で民事再生法も保全 監督命令で事業継続」健全経営へ全力投球「譲渡額12億4300万円」患者の影響避ける  公益財団法人ときわ会と、医療法人社団ときわ会(ときわ会グループ常盤峻士会長、福島県いわき市)は

純利益4468万円も前年比875万円減収減益「相次ぐ店舗撤退が影響」  福島県いわき市の常磐線・JRいわき駅前にある複合ビル経営のラトブコーポレーションは5日、株主総会を開き、取締役会互選で同社総務部長の鈴木雄大氏(53

民間型に「税金投入はあり得ない」いわき市  福島県いわき市の清水敏男・市長は、4日「いわき市スタジアムを中心としたまちづくり事業可能性調査報告書」を関係者などに公表した。関係者によると、いわき21世紀の森にある「いわきグ

「翔洋会負債61億円で民事再生法も保全 監督命令で事業継続」健全経営へ全力投球「譲渡額12億円から13億円」患者の影響避ける  公益財団法人ときわ会と、医療法人社団ときわ会(ときわ会グループ常盤峻士会長、福島県いわき市)

JR湯本駅周辺の「21世紀の森グリーンフィールドが有力」スタジアム候補地・事業可能性調査、SPC方式・PFI採用でも赤字経営必至か  福島県いわき市の清水敏男・市長がスタジアム建設へ躍起となっている。一方、各市議会議員の

最新号は、http://iwaki-keizaiho.jp/pdf/r101.pdf(リンク)をクリック。

最新号は、http://iwaki-keizaiho.jp/pdf/91.pdf(リンク)をクリック。

Top